国家公務員31歳♂、育休はじめました。

生後5ヶ月の息子のために育児休業を半年取得。日々の学びについてアップしていきます。

妻が私の育休に反対した理由。

あっという間に2020年!私の育休も折り返しとなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、昨年末に育休を取得した理由について何回かに分けて書きましたね。

hy0116.hatenablog.com

 

今はにわかに男性育休の話が盛り上がってきていますね。

しかし、だからこそ言いましょう。

私が昨年1月に育休を取りたいと相談した時、妻は大反対しました。

 

 

理由としては、(私の覚えている限りでは)以下です。

・あなたの今の家事力、育児力で育休が務まるとは思えない。

・育休を取ればいいってもんじゃない。今の育児、家事に関する考え方を変えて、分担を変えていかないと結局何も変わらない。育休始まったからはい出来るようになります、何て有り得ないよ。

・だいいち、生後半年って夜間授乳もあるし、どれだけママが大変か分かってるの?それで中途半端に育児家事をやられて、結局私の負担が大して変わらなかったら、それで仕事もしろだなんて、地獄でしょ。

・男の育休なんて長くても1年。子育ては何年もあるんだから、その後どうするかが重要だよ。また元に戻っちゃうんじゃないの?

・それで職場では「俺イクメンです」的な感じで振る舞うんじゃないの?それがまた許せない。

 

・・・と他にも思い出せば色々あるかもしれませんが、こんな感じで一方的に言われ、私も言い返してその日は終わり。。

妻は育休を応援してくれると思っていたので、この時は本当にショックでした。

 

でも、落ち着いて考えてみて思いました。

確かにほとんど役立たずだった、今までの自分の貢献度を劇的に変えないといけないんだと。

そこで、10月からの育休に向けて、どう少しずつ家事・育児に貢献していくのかのプランを作って妻と再度相談しました。

 

f:id:hy0116:20200116134832j:plain

(妻の反応を聞いた時の心境はこんな感じでしたね...)

妻も今度は私の本気度を分かってくれたのか、

・生後半年からは離乳食も始まるしかなり大変な時期だよ。覚悟は出来てるの?

・パパ友はあまりいないだろうから孤独に感じるかもしれないけれど大丈夫?

と、いくつかコメントをした上で最終的に納得してくれました。

 

育休を取る以上、家族を助けたいと思っているのは皆さん勿論だと思いますが、

問題は、それが日々の行動に現れているのか??という点で、自分はそこが足りなかったのだと思います。

育休=人のため=皆喜んで応援してくれる と無批判に考えていませんか?

 

まず、その前に自分の日々の行動を振り返ってみましょう。

 

次回は、職場からの反応について^-^

 

★こちらも1クリックお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2019年4月〜20年3月生まれの子へ
にほんブログ村


子育てパパランキング


産休・育休中ランキング


2019年4月~20年3月生ランキング

育休の時期ー出産直後に取るか、ある程度大きくなってからか?

さて、今回は育休を取る時期について。

前回までは育休の理由について綴ってました。

hy0116.hatenablog.com

 

育休を取るとしていつの時期が良いのか?

特に、出産直後に取るか、ある程度大きくなってからが良いのか?

迷うところですよね。

 

私の場合は、「自分一人だけで子供を見る」ことにフォーカスしたかったので、(出産後すぐに断乳する方を除いては)パパが一人で育児できる時間に限界のある出産直後ではなく、ある程度生活のリズムが整った5ヶ月からを選択しました。

 

ただし、だからといって出産直後に助けが不要な訳ではありません。

むしろ、ママの立場からすると一番手を借りたいのが出産直後です。

 

そこで、私の場合は以下のURLのp2にある「男の産休」というものを活用しました。

http://www.gender.go.jp/kaigi/senmon/jyuuten_houshin/sidai/pdf/jyu13-06-2.pdf

 

これは、配偶者出産休暇(2日)と育児参加のための休暇(5日)を合わせた計7日間の有給で、政府としては計5日以上の使用を推奨していますが、私はフルで7日間いただきました。

しかも、息子の産まれたのが4月中旬だったので、この7日間と土日、さらにGWの10連休を足して、20日程度、妻の出産と退院直後の時期をぶっ続けでお休みに出来ました。もちろんこれで十分とは言いませんが、最初の3週間は家事が出来る状態ではありませんのでこういった制度があって良かったと思います。

 

f:id:hy0116:20191228222207j:plain

(最近はお座りができるように。お姉ちゃんのstorytime)

職場の先輩に相談した時は、

・半年の赤ちゃんを男一人で見るのは難しいんじゃない?

・まだまだママが必要な時期でしょ。

という声もいただきましたが、今はなんだかんだで生活回っているので何とかなる!と思います。

お座りしたり、喃語が出たり、色んな物の興味や表情が豊かになったり・・・1日1日の成長を間近に感じられるという意味でも良い時期だなと思いました。

 

さて来年は育休取得についての家族の驚きの反応から書いていきますのでお楽しみに・・・!

 

★こちらも1クリックお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2019年4月〜20年3月生まれの子へ
にほんブログ村


子育てパパランキング


産休・育休中ランキング


2019年4月~20年3月生ランキング

育休取得の理由②-いくら子育ては量より質と言っても、一定以上の量を確保しなければ質は保てない。

 更新が大分空いてしまいましたが、育休取得の理由②です。

 

前回の記事↓では妻との関係の目線から書きましたが、今後は子供との関係の目線から。

hy0116.hatenablog.com

 

「子育ては時間じゃなくて質の問題でしょ?」

「別に育休取らなくたって、毎日定時に帰れば子供との時間はちゃんと確保できるはず」

  

・・・これらの意見、実にごもっともだと思います。

ただ、その他方で忘れて欲しくないことがあって。それは、

いくら量より質と言っても、一定程度の量を確保出来なければ質なんて確保出来ない

 ということ!

 

以下の資料によると、6歳未満の子供を持つ共働きの世帯で、約8割の男性が家事を全く行っておらず、約7割の男性が育児を全く行っていないことが明らかになっています。

http://wwwa.cao.go.jp/wlb/government/top/hyouka/k_42/pdf/s1-2.pdf

 

私自身も、一人目の娘との関係でそれを痛感しました。

誕生から2歳過ぎまでは、比較的生活に余裕があったので子育てに1日3~4時間以上はコミット。

その後、2歳~3歳頃までの間、仕事が急遽繁忙期に入り、平日はまともに過ごすのが一日1時間以内という日が続きました。

 

f:id:hy0116:20191217124641j:plain

(保育園に行く娘。右のベビーカーには息子)

その結果発せられた数々の刺さる言葉。

「パパとお風呂入りたくない!」 

「パパあっち行って!」

「ママに着替えさせて欲しいの!」

 

2歳後半になると、無理やり力づくで何かをさせるということはほぼ無理です。

抵抗が半端ないし、やってるこっちもストレスになります。

 

挙句の果てに休日、妊娠中の妻を何とか一人にしようと娘と出掛けようとするも

「パパじゃなくてママと出掛けたい!」

 

 

・・・とまあこんな日々が続いて心が折れそうになりました。

しかもこれって、私だけじゃなくて、妻も結果として娘と四六時中いることになってリフレッシュできず、負のスパイラルに陥るんですよ。

その中で、

「上の娘とも生まれてくる息子との関係でも、まず一旦量を確保してから質を上げる作業をしないとお話にならないなぁ。。」

 と考えるに至りました。

 

実際、育休に入る3ヶ月前は仕事をしながら時間休や定時退庁を頻繁にし、

その間は娘との関係も少しずつ上向きになっていったと感じています。

なので育休を取ることが唯一の解決策ではありませんが、劇的に変化を起こすにはそれ位の覚悟と行動変革が必要なことは間違いないと思います。

 

さて、こんな思いで決心した育休でしたが、周りからの反応はどうだったのか、

次回以降で触れていきたいと思います^-^

 

★こちらも1クリックお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2019年4月〜20年3月生まれの子へ
にほんブログ村


子育てパパランキング


産休・育休中ランキング


2019年4月~20年3月生ランキング

育休取得の理由①-女性活躍のためには男性が変わる必要がある。

 

さて、今回からは育休前期シリーズ。

気付いたら育休もはや2ヶ月、3分の1経っちゃいましたね。。

 

hy0116.hatenablog.com

 

今回は育休取得の理由について書きたいと思います。

まず1つ目の理由としては、

自分の家庭との向き合い方を変えたかった

 

ということがあります。

 

というのも、2人目を妻が妊娠している間、仕事が繁忙期にありろくに手伝いできなかった自分。

平日は仕事ばかりで家庭との時間が取れない → 週末取り返そうとするも空回り の繰り返し。。

 

今は私が平日食事を作っている分、週末は妻が料理を買って出てくれていますが、当時の自分はそんなことも出来ていませんでした。

 

女性活躍というと女性が何か働き方とかを変えなきゃいけないように聞こえますが、本当はそうじゃないんですよね。

男性の働き方やマインドセットが変わらないといけない。

 

 

もちろん育休を取ることが全てではないし、そうしないで変われる人もいると思います。

でも、自分の場合は生活からいったん「仕事」というものを取り外して、家庭に100%コミットすることで変化を(強制的に?)起こしたいという思いがありました。

 

f:id:hy0116:20191202124513j:plain

(ひとり座りが何秒間か出来るようになってきた!)

そして、それをより痛感する出来事が色々と起こり・・・

それが「理由その2」なのですが、これはまた次回のお楽しみに!

 

 

★こちらも1クリックお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2019年4月〜20年3月生まれの子へ
にほんブログ村


子育てパパランキング


産休・育休中ランキング


2019年4月~20年3月生ランキング

4歳差きょうだいのオススメな点。

うちの息子には4歳上(2月生まれなのでまだ3歳)のお姉ちゃんがいます。

 

服は自分で選びたがったり、毎日ラプンツェルのドレスを着たり、ご飯は大人と同じ箸でチャレンジしたり・・・とsense of ownershipの塊のような娘。

 

息子が産まれて当初は、自分の天下が終わったフラストレーションからか、「赤ちゃんいらない」などとショッキングなことを言ったりもしていましたが、最近はすっかり弟思いのお姉ちゃんです。

 

・泣いていると親よりも早くおもちゃを使ってあやしにいく。

・(元々弟のなんだけど)自分のと言い張るブランケットを保育園に行く時は弟にかけてあげる。

・離乳食を週末に自ら手伝うと言い出す。

 

f:id:hy0116:20191125121217j:plain

(離乳食を率先して手伝う。)

前この記事で紹介したとおり、他者貢献要求満載の娘。

 

hy0116.hatenablog.com

 

これが1歳や2歳差だったら、宇宙人2人を同時に相手にすると考えると・・・

4歳差育児、オススメですよ!

 

 

★こちらも1クリックお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2019年4月〜20年3月生まれの子へ
にほんブログ村


子育てパパランキング


産休・育休中ランキング


2019年4月~20年3月生ランキング

はじめて風邪を引きました&主夫に代わりはいないの巻。

タイトルのとおり。

 

7ヶ月になって早々、風邪を引きました・・・。

昨日38.6度。今日は37度と少し回復。

f:id:hy0116:20191121124649j:plain

断続的にお昼寝を繰り返す。

 

先週、保育園の見学でほぼ毎日歩き回ったり、

今週前半は家族でディズニーランド&シーに行ったりしたので、

そんな色々の疲れと、ママからもらった免疫が切れたのもあって引いちゃったのかと。

 

そして私はというと、少し咳が続いていますが何とか熱は出さずにやっています。

ここで響く妻からの一言。

 

「仕事は代わりはいるけど、主夫に代わりはいないからね」

 

 

・・・確かにその通りだ!季節の変わり目には体調を崩しがちなパパですが、頑張ります。

 

★こちらも1クリックお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2019年4月〜20年3月生まれの子へ
にほんブログ村


子育てパパランキング


産休・育休中ランキング


2019年4月~20年3月生ランキング

ハイハイ前なら、児童館より図書館へGo!

「児童館デビュー」よりも「図書館デビュー」の方がいいんじゃないかという話。

 

 

育休取り始めてすぐの頃、児童館に行ってみたのですが、

・まだ寝返りしたばっかりでずりばいも出来ない。

・物をつかむことも出来ないのでおもちゃもあまり楽しめない。

・の割には自分が赤ちゃんの相手を全てするしかない。

・(これは特有ですが)エレベーターもなく階段なので中々移動がたいへん。そして赤ちゃんスペースが狭い。

・・・ということで、気軽に行けるpublic spaceはどこかなぁ。。。と悩んでいたところ。

 

図書館に行ってみました!

f:id:hy0116:20191112144714j:plain

(おはなし会を一番前で聞く。)

図書館のいいと思った点はコチラ↓

・本を借りて家でも読めるので、家での自由時間に使える。

・本のバリエーションが増えるので新しい言葉を学んでもらえる。

・おはなし会で勝手に絵を目で追いかけるので遊んであげる必要なし。

・大人の好きなDVDや本も借りれるので、親のリフレッシュにも同時になる!

 

ということで・・・

 

あなたも図書館デビュー、はじめませんか??

 

 

★こちらも1クリックお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2019年4月〜20年3月生まれの子へ
にほんブログ村


子育てパパランキング


産休・育休中ランキング


2019年4月~20年3月生ランキング